セルフネイルって難しい?

ネイルサロンに通う時間がない!セルフネイルが出来たらなと思いますよね、でも不器用だからセルフネイルなんて無理!と諦めていませんか?確かに、間違えると貧相になってしまうセルフネイルですが、コツを掴んでしまえば自分好みのネイルが安く可愛く出来ちゃいますよ。ここでは、セルフネイルに必要な道具や基本的な塗り方についてまとめていきます。

セルフネイルに必要な道具一覧

  • お好みのマニキュア
  • やすり(エメリーボード)
  • ウッドスティック
  • 綿棒
  • コットン
  • ハンドクリーム
  • ベースカラー
  • トップコート

セルフネイルで安くかわいく!簡単かわいいの秘訣

フットネイル

基本的な爪の整え方

まずは爪を整えていきます。ヤスリでなめらかにしていきましょう。角を残すとマニキュアを塗った時にきれいにならなくなってしまうので、きれいに整えましょう。爪の付け根にある甘皮はクリーム等を使って押します。そうすることで爪が長くきれいに見えるからです。取れなかった甘皮はウッドスティックで取り除きましょう。最後に水で拭き取っておきます。

ネイル用品

マニキュアの塗り方徹底解説

はじめにベースカラーを塗りましょう。後で塗る時に楽に塗ることが出来ます。まず、ムラがあってもいいので、しっかり縁取りながら塗ってください。ブラシの片側をしごいて量を調節します。まず爪の先端に塗りましょう。厚塗りにならないようにさっとなぞります。先端の次は爪の中心部分です。真ん中は特に目を引く部分なので丁寧に塗りましょう。爪の根元から先端に向かって真っ直ぐ引きます。その後両端を塗ります。ブラシの縁を使って縁取りをしましょう。ベースカラーができたら、同じ方法でカラーも塗っていきましょう。1度カラーを塗り終えたら、2度塗りをします。マニキュアの発色がいい時は1度塗りでも大丈夫です。2度目は1度目のムラを整えるように乗せるだけです。この時に力を入れると剥がれてしまうので、優しく塗るようにしましょう。最後はトップコートをマニキュアと同じように塗れば出来上がりです。先端にも塗っておくと剥がれを防ぐことが出来ますよ。

ネイルチップ

乾かすのも大事な工程の一つ

マニキュアを乾かすこともセルフネイルの大事な工程の一つです。普通に乾かすと1時間位かかることもあります。よく乾かさないと剥がれる原因になりますので気をつけましょう。早く乾かすコツとしてドライヤーの冷風を当てたり、氷水に指を入れたりと様々な方法がありますので試してみるのもおすすめですよ。